「ペルセウス座流星群が降り注ぐもと、一匹のウミガメが産卵に上がってきました」夏の新聞コラムで書かせて頂いた一節で、その時の子たちが元気に孵化してくれました。

みんな上を向いています。

昨夜21:00頃、聴診器を砂に当てると「ザザザザザー」という砂が下に落ちる音が頻繁に聞こえてきました。今回は比較的音が大きく聞こえた為、これは陸への出方が一斉に出てくるパターンだなと期待が膨らみます。「ゴゴゴゴゴー」やがて今まで聞いた事が無いくらい大きな音に変化しました。砂の中で一丸となっている様子がこちらまで伝わります。これほど大きくなれば砂に上がるのも、もう少し。待っていると、砂がザッと沈み、子ガメがひょっこり顔を出しました。予想通り、一斉に出てくる見ごたえあるパターンでした。

元気な子たちは、やがて海に向かって散らばり、波に姿を溶かしてゆきました。

8月の台風あと、孵化率が50%と悪く、落ち込む日もありましたが、今回はたくさん出てきてくれてほっと一安心。

幸せな気持ちにさせてくれるいい音でした。