名わき役のイソギンチャクやホヤ。

たいてい主役の魚やウミウシなどの「~添え」として登場。

ダイバーが水中を泳いでいても、スルーされるちょっと悲しい存在です。

しかし、よ~く見るとそれぞれが放つ美しさが溢れています。

今回は主役としてクローズアップしてみました。

クロスジツツボヤふんわり仕立て。流れて来るプランクトンを食べている様子でした。

小さな水玉模様が青く光っている美しいホヤです。

こちらもふんわり。細かい一本一本が潮の流れでゆるやかに動きキレイです。

近づきすぎるとスッと穴のなかに隠れてしまいます。

ケヤリもカラーバリエーションが豊富で良い被写体です。

だけど現実は…

やはり名わき役。